お知らせ

2019.03.14二四木会

二四木会 2019.3.14

★二四木会(にしきかい)とは、毎月第2、第4木曜日に行なっているチームS&Aの勉強会です★

 

《本日の内容》

  • Politeキャンペーン】途中オープンスコアリング(170P対138PでチームS優勢!)
  • 【システム】モバイルエージェンのトインストール推進・マイページ開設推進
  • 【自動車保険】交差点での出会い頭(双方ほぼ同じ幅員の道路、一方が明らかに広い道路…明らかに広いとは?)
  • 【自動車保険】保険期間中の自動入替補償のヒヤリハット

 

交差点

交差点での出会い頭による事故が発生した場合、双方の責任(過失割合)を交渉には交差するお互いの道路幅が「ほぼ同じ」なのか「一方が明らかに広い」のかによって過去の判例から宛がう基本のテーブルが分かれます。

 

<最高裁判例(昭和45年11月10日)>

「明らかに広い道路であるかどうかの判断は、交差点の入口で徐行状態になるため必要な制動距離だけ手前の地点において、自動車を運転中の通常の運転者が、その判断により、道路の幅が客観的にかなり広いと一見して見分けられるもの」

 

今回の二四木会では「最高裁の言う“かなり広い”とは?」というところに着目し、広路狭路についての判例を深堀りしてみました。

 

次回は1月~3月のPoliteキャンペーン最終結果発表です!